忍者ブログ

艨艟ノ棲処 BLOG(続)

もうどうのすみかBLOG版(続)。ハヤブサとKDXで暮らす日々の綴方。 それから蟲と飛行機と

   

伊那キャンプツーリング(その2)

  (その1)はこちら。

2019年7月26日

6時起床。何となくモヤってる。雨が降ったわけでもないのに、テントは夜露でぐしょ濡れ。1泊だからいいけど、連泊なら大変だなぁ。



この日は手始めに、ガレっガレ(の記憶)の町道高峰線を小豆坂トンネルまで走る、ダートで17kmとは今どき貴重である。

(推定)小豆坂トンネルの真上辺りまで下ってきたところでY字の分岐。ガソリンスタンドのあるトンネルの西側に降りたかったのだが、地図を見てもよくわからない(老眼w)。下る方の左へ行ったら、逆にトンネルの東、県道211号へ出てしまった。



県道211号は、昨日、上部のダートだけを走ったので、今日は残りの舗装部分を走ることにする。本来なら舗装路なんてどうでもいいのだが、この県道には廃屋が多く立ち並んでいて興味をそそるのだ。
それでは、昨日の分を含めて上から紹介していく。

まずは巨大(?)な廃屋。大きさからして民家ではないだろう。




芝平の小学校跡記念碑。


小学校は校舎が残っていた。
 

校庭のすみに。


県道沿いの廃屋。


臼の並んだ土蔵。


卯沢の廃屋。とはいえ手入れされており、柵もあるので立ち入らないように。


集落の入り口には石碑が並ぶ。
 

石碑には「庚申」云々と彫ってあった。他でも同様の石碑があったので、芝平集落か高遠の習慣かも知れない。

さらに二階建ての廃屋。
 

旧公民館を貫く桜。
 

芝平集落はここまで。
 
この後、昨日同様、道の駅南アルプスむら長谷で作戦を練る。

まずは美和湖南端西側の女沢林道へ。地図を見間違い(老眼)、県道210号へ出るつもりが獣道に迷い込み、結局元のR152に出てしまった。まぁいいけど。

R152を南下して温田から万古渓谷の林道へ入るつもりだったが、昼食休憩した道の駅大鹿で聞くと「地蔵峠手前で通行止め。蛇洞林道までも行けない」とのこと。がーん。所要時間の見込みが大幅に狂う。

仕方がないのでちょいと戻り、県道22/18/1とつないで走る途中、千奏大橋の北東にポツンと一軒家発見。



こんなものを見てしまっては行くしかないのだが、地図を見てもよくわからず、その辺を走ってみたが到達できず。時間も無くなって来たので次回持越しである。

この後の万古渓谷へは、道を知っている温田側から入るつもりだったが、次第にタイムアップも近づいてきたので泰阜村川から入ることを決心(最初からそうしとけばもうちょっと時間は節約できた)。泰阜村で給油して、県道83で法全寺を目指す。


いい感じに看板が出ていたので迷う事無く林道入り。(写真奥が万古渓谷方面)


狭いが舗装された道を入っていく。意外と奥まで民家があったりする。
途中にあった案内図。



入口から15分で最初の目標、地蔵隧道。今回の旅の目標の一つ。地図を見てみつけたのだが、正体不明だったのだ。コンクリート巻き立てなのでそう古い物ではない(恐らく林業用だろう)が、銘板が無いので何もわからない。だがしかし、とりあえず満足感。



続いて目標のもう一つ、猿間隧道。こちらは入口から30分。地蔵隧道同様、地図を見て見つけた。同じく銘板が無いので正体不明。



さて、舗装路はこの猿間林道の南側出口まで。その先は荒れたダートである。
この後は、残念ながら写真が無い。急いでいたので撮り忘れたのだ。

猿間隧道南口から2.5km下るとT字に出る。南へ下ると万古集落の栃城、そのまま東へ進むとダートのピストン林道である。昨年は万古隧道から奥の栃城集落を経てこのT字路でUターンしたので、今回はそのまま東へ進む。地図でピストン林道であることは分かっていたものの、行かずには済まない。

T字からは4kmで林道は終点、折り返して戻る。T字の南は1.2kmが荒れたダート、舗装が始まって1kmで栃城最奥の民家に出る。

あとはそのまま狭い舗装路をたどり、万古隧道を抜け、温田駅で小休止。この時点で16時、つもりの時間よりも1~2時間遅い。楽しかったけど。

温田の後は帰るだけ。
R151、R418を抜けてR257、岩村で給油。そのあと瑞浪でR19に出て、R21で帰宅。ジャスト20時。バイクと装備を片付け終わった途端にパラパラと雨が降り始める。台風の前哨戦だ(これがあったので早く帰りたかった。翌日は大雨になった)。

本日の走行距離 356.3km

二日間、林道&廃屋&隧道で楽しいキャンプツーリングでしたが、まだ

・千奏大橋たもとのポツンと一軒家
・為栗駅の一軒家
・平岡ダムの一軒家
・泰阜村の二軒屋集落

を残してしまったのでそのうちに再挑戦かな。あと、大鹿村のキャンプ場と赤石荘入浴も残してるし。

次にキャンプツーリング行けるのはいつだろう。  
PR

伊那キャンプツーリング(その1)

若干廃墟マニアも入っている私。
知人から伊那の廃墟を教えてもらい、しかもそれがダートである黒河内林道沿い、とくればKDXで行きたくなるのは人情だが、さすがに岐阜から日帰りはややきつい。

ところがよくよく地図を眺めていると、その先、入笠牧場を横切った向こうに千代田湖という湖(人造湖らしい)があり、湖畔にはキャンプ場があることを発見してしまった。それならばと1泊キャンプツーリングで計画を立て、実行は7月末の電力休暇とした。


2019年7月25日
当日は4時半起床。何のことは無い、普段と全く同じである。テキパキと準備を済ませ、6時過ぎには出発である。


R21からR19(ネズミ捕り注意)、権兵衛峠(白バイ注意)を抜けて高遠町内で給油。これが結果としてこの日最後の給油となるのだが、KDXは航続距離が短いので非常に気をつかう。山への出入り直前直後には給油必須だが、山間部はガソリンスタンドがまばらなうえに、日曜日定休が普通。これが時々以前に所有していたジェベルが恋しくなる所以である。

さて。高遠からは美和ダムへ寄ってダムカードをもらい、そのまま道の駅南アルプスむら長谷には11時40分に着。ここでコンビニおにぎりの昼食。

しばし作戦を練ったあと、美和湖南端から黒河内林道へ突入である。


黒河内林道は、ゲートと門番がいる南アルプス林道入口の戸台大橋を超えたところから入笠牧場入口までがダートである。

まずは、戸台大橋までの舗装区間の途中にあった短い隧道。鷹岩隧道、だっけ?
 


途中、川側に赤い屋根が見えたのでUターンして河原へ降りる。(35°46'57.8"N 138°08'14.8"E)



見えていたのは多分この家。廃墟化しつつある山荘、かな。



その他、1~2軒の山荘が廃墟化しつつあった。
こちらは、川を渡ったところにある廃山荘。ちなみに言っておくが、中には入らないように。
 

写真の手前、左側に林道があり、興味本位で進んでみると。

戸台川の河原に出た。

鋸岳登山の起点になっているらしいが、注意書きがものものしい。



元の林道にもどってすぐにある、かつての茶屋。電話番号のケタ数の多いこと。



さらに少し北上すると、今度は山側に廃屋。



そして、無造作に転がる洗濯機(笑)



この後、比較的走りやすいダートを登っていくと、対岸に大がかりな廃墟群。たぶん大規模な山小屋の類と思われるが、グーグルマップや国土地理院に書き込まれている橋は無い。川面まで高低差があり、かつ渡渉が必要(しかも川幅広)なので実地確認はあきらめ。場所はたぶんここと思われる。
(35°49'11.8"N 138°09'07.7"E)
それにしても、ネットを漁っても出てこない謎の廃墟である。
 


 


この後は順調に高度を上げ(とこの時は思っていた)、途中の工事の人にも親切に通してもらい、入笠牧場のゲートに到達。記念撮影。だたしかし・・・!



!!!
積んであったカッパと水2Lが無い!どこで落とした!?
正直、キャンプ場には飲用不可とはいえ水道があるので水はどうでも良かった(100円だし)が、カッパ(3000円也)は惜しい。仕方がないので取りに戻ることにする。あるかな・・・。

止む無く後戻りを開始。親切に通してくれた工事人に再び愛想を振りまき、あるかなあるかなと逆走すること20分、そいつらは無造作に転がっていた。

白いのが水、黒いのがカッパ(を入れた袋)である。ペットボトルが破裂していれば何のために戻ったのか訳が分からなくなるところだが、幸いにして無事。

この後、三度工事人に愛想を振りまき、入笠牧場のゲートまで戻る。ゲートは、牛を逃がさないために閂がかかっているが、鍵はかかっていないので自分で開けて通過。

入笠牧場には山小屋があって、少々興味をそそられたのだが予算は無い(笑)。次回のために記録だけ残して通過である。


牧場内は、地図を見ると道が入り組んでいるようだが、実際はそうでもない。ゲートから400mのY字を左へ行けば、芝平峠までは一本道である。

芝平峠到着、十字路になっている。上手に写真が撮れていないが、KDXの前方が本日の宿泊地、千代田湖キャンプ場に向かう舗装路。右手、「青柳」と書いてある方向が金沢併用林道、



で、左は長野県道211号芝平高遠線、上側の2kmくらいがダートなので往復してみた。途中で何があったかは、(その2)でレポート予定。
  


このあと、芝平峠の右手、金沢併用林道(ダート)を抜けて千代田湖へ到着、16時ジャスト。
まずは設営。ちなみに標高は1300m。


反対側から。


この日、他には同年配の男性と、独りバイオリンなどを奏でる若者の計3人。
一人じゃなくてよかった、熊とか出ると怖いもん。

食事前に少し時間があったので、キャンプ場から数100mの金沢峠へ。お地蔵様がいました。



夕飯は麻婆豆腐丼と、


キャンプのお供、お約束のニッカ(笑)
 

この後、日没とともに就寝したのだが、夜中に登山の若者たちが到着したらしく少々やかましく目が覚めてしまった。熊鈴くらい音を消しとけっちゅーの。
あと、(たぶん)鹿の鳴声もなかなか、わかってても不気味w

((その2)へ続く)
 
本日の走行距離 276.2km。 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
   
   
   
   
   
   
    
    

メッシュグローブ

2019年6月10日
ずっと使っていた(なんと、2010年から!)アルパインスターのSP-Sがボロボロになってしまった(9年も使えば当たり前だな)ので、今度はカドヤのNGK-SP、税込み9720円。楽天ポイントがだいぶ貯まっていたので、かなりお安く買えました。

さて、グローブは新調なったけど、バイクは完調とは言い難い…。

ハヤブサ冷却系統不具合(その4)

(その3)はこちら。

2019年6月2日。

昨日は名古屋、今日は四日市と合わせて300kmくらい走ったけど、今のところクーラントの減少は見られない。水温の上昇傾向も、まぁ、気温が低かった(20℃半ば)こともあって、信号待ちのオーバーヒートは無し。ファンは回ったけど。

あとは近々、L型金具を金属用耐熱両面テープでくっつけてひと段落とする。様子見は、夏が本番。

このまま症状が落ち着いてくれるといいなぁ。

ハヤブサ水冷系統不具合(その3)

  (その2)はこちら。

2019年5月26日。

結論から。
ラジエータのL型金具は、とりあえず金属用耐熱接着剤(~120℃)で着いた。

に見えたが、アイドリングで温度が上がると剥離。
仕方が無いのでタイラップ(耐熱)で固定した。ちょっとグラグラするけどいいでしょう。

耐熱両面テープ(~180℃)という手もあるので、次回開けたら試してみよう。

水温の上昇に関しては、今回は手を付けず(部品、収集していない)。長時間アイドリングで水温が上がっても、今回はオーバーヒートまで上がらなかった。途中でファンが回りだし(ファンって、連続じゃなくて断続的に回るのな)、水温計の針の上昇はせいぜいここまで。

これでもちょっと高めだが、まぁよしとしよう。引き続き様子見だな。
あと、水温が上がるとリザーバタンクのクーラントが増え、冷えると元の量まで下がったので、ラジエータキャップは正常と思われる。そうすると次はサーモスタットが怪しい・・・?

クーラントの減少の原因は、恥ずかしながらたぶんこれ。

先日の整備でクーラントを交換した後、バンドを締める位置を間違えたようだ(ハヤブサはここでホースを外してクーラントをドレンする)。本来、バンド跡のあるところで締めなければいけないのに、その後ろで締めている。ホースの下部からは、緑色のクーラントがにじんでいる。恐らくここから漏れていたのだろう。
で、締めなおして復旧。



ここまでやって、この日はカウルまで取り付けて完全復旧。

あとは次のツーリングで、諸々様子見である。これで収まればいいけどなぁ。

(まだまだ続くかも?)
 
 
  
   

忍者カウンター

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
管理人
Webサイト:
性別:
非公開
自己紹介:
岐阜県在住。
真空管ラヂオ、白黒テレビ、ダイアルの無い黒電話、五右衛門風呂を使った事がある。
東京オリンピックは憶えていないが、大阪万博ははっきりと記憶がある。
単車で遊んでもうすぐ40年、そのくらいの歳のオッサンです。
mail: moudou_sumika-4601@yahoo.co.jp

P R

Copyright ©  -- 艨艟ノ棲処 BLOG(続) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]